BeeBoxを組み立て

2017-07-30

Server用途にコンパクトなPCを探していた時ASRock BeeBox N3000というベアボーンが気になったのでポチってみました。

開封すると期待以上に小さいホワイトでポリタンクのような可愛い外観もGoodです。

ベアボーンなのでこれ以外に下記のパーツが必要です。

  • メモリ DDR3L-1600 SO-DIMM
  • mSATAドライブまたは2.5インチドライブ

今回は余っていたmSATAを使って組み立てました。


開けるには底面の赤丸の4つのネジを外します
とてもシンプルな構造です。


標準でIEEE802.11ac無線LAN、Bluetooth 4.0のmini-PCIeカードが入っています。
mSATAカードはこの上に取り付けます。


右側にメモリも入れて完成、とても簡単です。

BeeBoxというネーミングはどうしてもコレを思い浮かべてしまう

Category : PC
Tags : ,